uncode アンコード

アンコードブログ アンコードブログ

アンコード

uncode Official Blog

アンコードブログ アンコードブログ

2017年12月5日

クラウド

皆さん初めまして!

(株)uncodeにお世話になることになりましたマサと申します。

まだまだスキル不足な身ではありますが、いち早く戦力になれるよう邁進しております。

まず始めに開発環境導入からということで、railsの環境を整えていく軌跡を記していきたいと思います。

 

Homebrew、でもその前に

まず始めに、パッケージを管理するためにHomebrewを導入していきます。

ですがHomebrewを導入するためにCommand Line Tools for Xcodeが必要になります。

Xcodeを利用している場合はXcode経由で導入、直接Apple Developerからも入手できます。

Apple Developer

 

Homebrew導入

次にHomebrewを導入していきます。

Homebrewの公式サイトにあるスクリプトをターミナルに打ち込んでいきます。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

途中でPCのパスワードの入力を求められるので入力します。

終わったら導入できたか確認。

brew ­-v

 

rbenv、ruby-build導入

Rubyのバージョンを管理するためにrbenvを、各バージョンをインストールするためにruby-buildを導入していきます。

先ほど導入したHomebrewを利用して導入していきます。

brew install ruby-­build

brew install rbenv

echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
初期化処理をbash_profileに追加する。

source ~/.bash_profile
再読み込み

Ruby導入

続いてRubyを導入していきます。

rbenv install -l

インストールできるバージョンのリストが表示されます。

rbenv install 2.4.2

バージョンを指定してインストール。

rbenv global 2.4.2

利用するバージョンに切り替えて

ruby -v

でRubyのバージョンが切り替わっているか確認。

 

Ruby on Rails 導入

ついに今回の目的であるRailsの導入を行なっていきます。

gem install rails

gemとは?? となったのですがRubyのプログラムをパッケージ化したもののようです。

gem install bundler

複数PC間でのgemパッケージの種類やバージョンを管理、必要なgemを導入することができるbundlerを導入します。

 

Railsの導入としては以上となります!

私自身まだまだな身なので勘違い等々ありましたらご指摘いただければ幸いです!

 

アンコードブログ アンコードブログ